知るを深める、深海性WEBメディア

TAG LIST

タグ一覧

ニュース

新種のエビを発見!ついた名前は「トリノアシヤドリエビ」

サンシャイン水族館(東京都豊島区)は、2023年4月27日に駿河湾で採集したエビが新属・新種のものであったと発表した。

同館では、2019年より定期的に水中ドローンを用いた深海調査を行っている。2023年2月24日と4月27日に静岡県駿河湾の水深130~200mにてウミユリの一種であるトリノアシを採集。このトリノアシに付着していたエビについて、千葉県立中央博物館の駒井智幸氏と共同研究を進めた結果、新属・新種のものとして11月30日に論文が公表された。

調査に使用したフルデプス社製の水中ドローン

今回発見されたエビは、トリノアシに共生していたことから「トリノアシヤドリエビ」と命名。採集された個体は幼体(頭胸甲長1.3mm)と卵を抱えたメス(頭胸甲長3.2 mm)で、すでに標本化しているため展示の予定はない。

この発見について駒井氏は、「トリノアシには共生するエビ・カニ類がいそうだと以前から注目していましたが、網を使った採集方法では途中で逃げてしまうので、なかなか確認できませんでした。今後も水中ドローンを使った調査で新しい発見がされることを期待しています。それにしても、標本が小さく、解剖が大変でした」とコメント。

また、水中ドローンを用いた調査に赴いたサンシャイン水族館 飼育スタッフの先山広輝氏は、「あらためて、深海200m付近の海域は漁獲や混獲される生物以外の調査があまり進んでいない現状が浮き彫りになったように思います。今後も水中ドローンを使っての調査を継続して深海の謎を解明していきたいです」と話した。

採集の瞬間(水中ドローンで撮影した動画)

まだまだ未知が広がる深海の世界。サンシャイン水族館では今後も定期的な調査により、未知の領域を解明する研究に取り組むとしている。

掲載論文
https://doi.org/10.11646/zootaxa.5380.3.2

Komai,T. & Sakiyama,H (2023) A new genus and new species of palaemonid shrimp (Decapoda: Caridea), associated with the deep-sea crinoid Metacrinus rotundus (Echinodermata: Isocrinidae), from Suruga Bay, Japan. Zootaxa. 5380(3):227-246
フカメディアを一緒に育ててください

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

RECOMMEND

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8

こんな記事も読まれています

海面へ浮上